Kitamura バースデー 記念日 ギフト 贈物 お勧め 通販 トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー ワンショルダーバッグ 肩掛け 牛革 シボ革 好評受付中 シュリンクレザー

Kitamura トートバッグ Kitamura トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー 牛革 肩掛け ワンショルダーバッグ シボ革 シュリンクレザー

Kitamura バースデー 記念日 ギフト 贈物 お勧め 通販 トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー ワンショルダーバッグ 肩掛け 牛革 シボ革 シュリンクレザー ワンショルダーバッグ,シュリンクレザー,イタリアンレザー,rooget.com,11210円,バッグ・小物・ブランド雑貨 , バッグ , メンズバッグ , トートバッグ,肩掛け,トートバッグ,15801,トートバッグ,Kitamura,Y-0681,牛革,Kitamura,キタムラ,シボ革,/hawkbill1174894.html ワンショルダーバッグ,シュリンクレザー,イタリアンレザー,rooget.com,11210円,バッグ・小物・ブランド雑貨 , バッグ , メンズバッグ , トートバッグ,肩掛け,トートバッグ,15801,トートバッグ,Kitamura,Y-0681,牛革,Kitamura,キタムラ,シボ革,/hawkbill1174894.html 11210円 Kitamura トートバッグ Kitamura トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー 牛革 肩掛け ワンショルダーバッグ シボ革 シュリンクレザー バッグ・小物・ブランド雑貨 バッグ メンズバッグ トートバッグ 11210円 Kitamura トートバッグ Kitamura トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー 牛革 肩掛け ワンショルダーバッグ シボ革 シュリンクレザー バッグ・小物・ブランド雑貨 バッグ メンズバッグ トートバッグ Kitamura バースデー 記念日 ギフト 贈物 お勧め 通販 トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー ワンショルダーバッグ 肩掛け 牛革 シボ革 シュリンクレザー

11210円

Kitamura トートバッグ Kitamura トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー 牛革 肩掛け ワンショルダーバッグ シボ革 シュリンクレザー











↓1%お値引きクーポン!!↓
Kitamura トートバッグ Kitamura トートバッグ キタムラ Y-0681 15801 イタリアンレザー 牛革 肩掛け ワンショルダーバッグ シボ革 シュリンクレザー
Daily New Arrivals 
  • Walkin' In My Lane

    2ndアルバム『visions』が好調ななかで放つ、2022年発表のシングル。表題曲は、土屋太鳳主演ドラマ『やんごとなき一族』の主題歌。上流社会の一家に嫁いだ主人公の奮闘を描いた物語のために書き下ろした応援ソングとなっている。

  • Break and Cross the Walls Ⅱ

    2021年11月に発売された6th アルバム『Break and Cross the Walls I』に続く、連作アルバム完結編!2020年の生誕10周年を経たMAN WITH A MISSIONの新章ともいえる本作は、未曽有の事態となったコロナ禍の世界に提示する新世界。GW 公開映画『劇場版ラジエーションハウス』主題歌新曲「More Than Words」、TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 特別編』主題歌「Blaze」ほか、強力シングル楽曲に加え、アルバム新曲も収録。

  • Kazemachizuki“EXCITING FLIGHT”(24bit/96kHz)

    今作では48ヶ月連続へと挑戦中の月一連続シングル配信で2021年の1月〜12月にリリースされた曲がリマスタリングの上パッケージされる。65作連続ジャズチャート 1 位を獲得している彼らが66作目をかけて選んだアルバムタイトル”Kazemachizuki ”は、昨年6月にリリースした「風待月」から引用されたものと思われる。H ZETTRIOが楽曲名をアルバム名にする事は過去にもみられたが、この曲が選ばれたのは、なかなかすっきりとしないこの時代をパワフルなビートでクールに吹き飛ばしたいという想いの表れなのだろうか?ジャケットは彼らにとって初のイラストを採用し、こちらでも新天地を切り開く。

  • OUTSIDERS

    劇伴作家の澤野弘之によるヴォーカル・プロジェクトの約1年ぶりのシングル。表題曲は、自身が音楽を手掛けるアニメ『群青のファンファーレ』のエンディング・テーマ。ボーイズ・グループ“JO1”の河野純喜と與那城奨がゲスト・ヴォーカルで参加している。

  • 僕なんか (Special Edition)

    日向坂46の7thシングル。休養から約9ヵ月ぶりにグループへ復帰した小坂菜緒がセンターを務める表題曲に加え、本作での卒業を発表した渡邉美穂の1st写真集と同名の寮を舞台にしたMVも話題となった「飛行機雲ができる理由」をカップリングしている。

  • Harry's House

    世界的スーパースター=ハリー・スタイルズ 通算3作目のニュー・アルバム『ハリーズ・ハウス』 <デビューから2作連続で全米チャート初登場1位を記録した、初のUK出身男性ソロ・アーティスト>という歴史的快挙を成し遂げ、2021年には自身初のグラミー賞を受賞した、世界的スーパースター=ハリー・スタイルズが、待望のニュー・アルバム『ハリーズ・ハウス』をリリースする。今作は、2019年にリリースし、全米ほか20カ国以上のチャートで1位を記録した大ヒット・アルバム『ファイン・ライン』以来、約2年半振り、通算3作目のアルバムとなる。アルバムに先行して公開された約2年半ぶりの新曲となる「アズ・イット・ワズ」は、いったんは自分を見失ったものの、再発見し、自らの変化を受け入れるハリーの、複雑ながらも喜びと希望に満ちた心情を表現した、パーソナルなラヴ・ソング。軽やかなギター・リフとエモーショナルな歌声が重なった、ハリーの進化が現れている楽曲だ。ソングライティングは、ハリーに加え、『ファイン・ライン』の制作に関わっていた中心人物である、キッド・ハープーンとタイラー・ジョンソンが担当。

  • Route BLUE

    中島由貴 2ndシングル「Route BLUE」発売! TVアニメ「可愛いだけじゃない式守さん」エンディングテーマ!

  • 鈴木このみ5thアルバム「ULTRA FLASH」

    鈴木このみデビュー10周年目に放つフルアルバム!15歳でデビューしたアニソンシンガー鈴木このみが、10周年目に放つフルアルバム!25歳の鈴木このみの輝く歌声を、ロックもバラードもダンスもカオスも、全方向にぶっ放したウルトラなアルバムがリリース!

  • あの子コンプレックス

    =LOVEの約半年ぶりとなる11thシングル。佐々木舞香が初の表題曲センターを務める「あの子コンプレックス」は、ドラマティックなサウンドにのせて片思いの切なさをストレートに歌った、グループ史上最もシリアスな失恋ソングとなっている。

  • KTEP4

    KEYTALK、全国ツアー 『津々浦々夏の陣〜鳴けぬなら、踊りたまえ、ホトトギス〜』会場限定販売CDの収録曲をデジタル先行リリース!

    GOOD PRICE!
  • 13

    札幌を拠点に活動する3人組バンドBBHF、Digital EP「13」(読み:ジュウサン)をリリース。 今作は「生」をテーマにしたコンセプトEPとなっており、彼らの地元である北海道・稚内市で撮影されたMusic Videoが話題の「バックファイア」を含む全6曲を収録。リード曲である「バックファイア」はSDGsの活動に取り組む北海道内の企業、団体を応援する「北海道 to the future プロジェクト」のCMソングとしても起用されている。

  • ぼちぼち銀河

    デビューアルバム『しばたさとこ島』リリースから10年のアニバーサリー・イヤーに、6枚目のアルバムが発売決定。演奏には"柴田聡子 in FIRE"として共に活動するイトケン、かわいしのぶ、岡田拓郎を中心に、Kan Sano、谷口雄、須原杏、鈴木広志が参加。レコーディングとミックスは宮﨑洋一、マスタリングは風間萌が担当している。アートワークは写真に池野詩織、デザインには大原崇嘉、古澤龍、柳川智之の3人により2015年に結成され、色彩・視覚伝達の研究と視覚表現を行うアートグループ"ヨフ"が参加。

  • まだ雨はやまない

    しぐれうい初となるオリジナル曲5曲を含む全12曲で構成され、豪華クリエイターによる様々な「雨」を感じさせる楽曲が収録。 「雨」をアルバムのコンセプトとし、しぐれういが音楽を通して「雨」を表現した作品となっている。 カバー曲には、しぐれうい自らが選曲したイチオシの楽曲を収録しており、イラストレーターから大きく飛躍する、彼女の新たな一面を感じることができる至極の1枚となっている。

  • 風、花

    小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載の漫画が原作で、数々の作品がメディア化されてきたジョージ朝倉、初のテレビアニメとして『呪術廻戦』『ユーリ!!! on ICE』などを手掛けるMAPPAが制作、『ゾンビランドサガ』『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』などを手掛ける境宗久が監督を務めるバレエダンサー達の熱き青春バレエストーリー。テレビアニメ『ダンス・ダンス・ダンスール』エンディング・テーマを収録したシングル!

  • トワイライト・ファズ

    「ボダレス」より9ヵ月ぶりとなるシングル。表題曲はTVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディング主題歌。カップリングにはBiSHのセントチヒロ・チッチをフィーチャーした楽曲を収録している。

  • BIPOLAR

    J-POPシーンのダークヒーロー,大躍進を遂げて21か月ぶりのアルバム発売 2021年ノイタミナ×MAPPAのアニメOP曲や、BLEACH20周年の音楽を手掛け、2022年早々に1つのドラマに2曲の主題歌を書き下ろし。アサヒスーパードライとのコラボ企画にてTHE FIRST TAKEにも出演するほか、数多くの有名アーティストへの楽曲提供や演奏参加で、その存在感をシーンの中で膨張させ続けているキタニタツヤの待望のアルバム。以前とは比べ物にならない数の人々を煽動し始めたダークヒーローの最新系!

  • PAST & FUTURE〜My Favorite Portable Rock

    80sニュー・ウェーヴ・サウンドの伝説的先駆者、ポータブル・ロックの結成40周年記念アルバム!過去のアルバムとシングルから12曲、さらには35年ぶりとなる新曲も収録し、ポータブル・ロックの過去と現在と未来を凝縮したアルバム。

  • Stone Stone Stone Mini Album

    1「Stone Stone Stone」2020年5月20日、ツイッターデモで政治状況が少しだけ動いた時の「小さな石をたくさん投げたら山が少し動いた」という小泉今日子さんのツイートにインスパイアされ作られた作品。複数の指揮者、即興と楽曲を行き来するマルチリンガル的な発想の中に、ハードコアなジャズから日本的なビートまで様々要素をノイジーに溶かし込んでいます。今、世界的に注目されているサックス奏者クリス・ピッツィオコスの激しい即興演奏が光ります。 2「Kinue Hitomi ―new version of ""闘う女子""―」日本初の女性アスリート・人見絹枝に捧げられた曲。もともとは大河ドラマ「いだてん」に登場する人見絹枝のパート用に作られた楽曲ですが、アレンジを大幅に変え新たな楽曲として生まれ変わりました。差別の中で闘う人々へ捧げられた作品です。ゲストにONJQのトランペッター・類家心平、北海道で活動する新進気鋭のサックス奏者・吉田野乃子が参加。 3「Hong Kong Hong Kong Hong Kong」香港の映画監督・アンホイの「女人、四十」(1995年)のサウンドトラック(大友良英)をモチーフにした作品。サントラのビッグバンド演奏に加え、アメリカ在住のカヒミ・カリィ&ニキ親子の日常の声、シンガーポールのユエン・チーワイとソウルのリュウ・ハンキル、北京のヤンジュンによるリモート演奏や、DJ sniffによる2014年の香港フィールドレコーディングがコラージュされた作品。アンホイ監督に捧げると同時に、大友とゆかりの深い香港の友人たちに捧げられた作品です。

  • 君を輝かせて/もういっかい

    THE FOREVER YOUNG、"餃子の雪松"CM曲含む配信シングル『君を輝かせて/もういっかい』リリース!

  • 委託 Deluxe

    Itaq、soakubeatsと組んだ1stアルバム「委託」のデラックス版をリリース、 Itaqが、アンダーグラウンドでその名を馳せる国内ヒップホップ界の異端児:soakubeatsとタッグを組み、自身初となるアルバム『委託』をリリースしたのは2019年、Itaqが19歳の頃。あれから3年。。。再び結託したItaqとsoakubeatsにより発表された1st Albumのデラックス版『委託 Deluxe』。本作は、『委託』に収録されていた楽曲をItaq本人が再ミックス。イントロに関しては丸ごと差し替えられ、2018年~2019年のアルバム制作当時最初期に作られたイントロの原型がそのままブラッシュアップされて採用された。そして、4曲のボーナストラック、さらには全曲のインストバージョンを追加収録。昨年既にシングルとしてもリリースされたボーナストラック1曲目(本編13曲目)の"Entrust"では、覚せい剤に依存しながら裏社会を生き抜く少女への恋慕を、荒涼としていながらもメローな楽曲へと昇華させた。ボーナストラック2曲目(本編14曲目)、どこか彼の信仰も連想させるタイトルの"幸福"では、『委託』リリース当時の彼の女性に対する認知の歪み、憎悪などを3年の時を経て解毒しようという試みが、皮肉にもsoakubeatsのほんのりと明るいトロピカルなビートの上で展開される。ボーナストラック3曲目(本編15曲目)"Morpheus"は映画「マトリックス」シリーズに感化を受けた楽曲。自分が信じる神と対峙し、使命感を持った自分すらも神によるプログラムでしかないとラップする一方、自分以上に自分のことを信じ続けてくれている人々を救世主ネオにとってのモーフィアスになぞらえ、信じた道を歩み続けることを改めて宣言するような楽曲となっている。最後のボーナストラック(本編16曲目)である"あなたがいたから"では、支えてくれた人たちへの感謝をsoakubeatsの春の雪解けのような暖かみのあるビートの上で朴訥に歌い上げた。

  • Welcome to my Hell~僕らのライブへ来てください~

    ヴァジリアントマト 1st Mini Album「Welcome to my Hell~僕らのライブへ来てください~」

  • MUSA

    2021年に発表した2ndアルバム『SHISHIMAI』でアーティストとしての表現力の拡大に成功し、高い評価を獲得したLeon Fanourakis。貪欲にハードなラップをスピットする若き獅子からのステップアップを続ける彼の表現欲が衰えるはずもなく、僅か1年のスパンで濃密な16曲をパッケージしたニュー・アルバム『MUSA』(ムーサ)を完成させた。  これまでもNY出身のラッパー:AKTHESAVIOR とのコラボ作をリリースするなど、日本に留まらない交流を作品に反映させてきた Leon。今作もプロデュース陣はこれまでの彼の諸作でお馴染みの YamieZimmerや NOCONOCO、DJ U-LEE(YENTOWN)などの日本人トラック・メイカーたちはもちろんのこと、USで活動する日本人プロデューサーのYung Xanseiやバージニア出身のFULMETALPARKA$、フロリダ出身でJuice WRLDのプロデュースを手掛けたことでも知られるMitch Mula(2021年に配信されたLeonのシングル「FOCUS」も手掛けている)といったUSのビート・メイカーたちも多数参加。先行で配信リリースされる「FLIP」も、過去にwifisfuneralやKEY!のプロデュースで知られ、フロリダ出身のDVMN NVBEELがプロデュースを手掛けていて、昨年、Leonが渡米した際にセッションして交流を深めた相手だという。  また、『SHISHIMAI』でも豪華な客演陣が目を引いたが、今作でもBAD HOPからT-PablowとBenjazzy、先日メジャー・デビューを果たしたElle Teresa、レーベルメイトのWILYWNKAや旧友のVA$COといった興味深いラインナップの客演陣となっている。  Leon自身のラップに耳を傾けると、『SHISHIMAI』ではメロディを載せたフロウなどにも積極的に挑戦した彼が、今作では更にそういった表現面でのラップ・スキル向上に挑んでいる点に注目すべきだ。彼のお家芸とも言える、ハードに響く808ベースとTRAPビートの上で縦横無尽にサヴェージなライムが放たれるバンガーの数々はもちろんのこと、切ないギター・ループに程よいメロディが彼のフリーな思想が歌われているリリックともハマる「JIYUU KIMAMA」のような楽曲もあり、音楽性/リリック共に彼のアーティストとしてのキャパシティが拡がってきていることに気付かされる。また、自分の主張と共に、リスナーたちに問いかけたりポジティヴなメッセージで激を飛ばしているリリックが多いのも印象的だ。  ギリシャをルーツに持つLeonらしい、ギリシャ神話に登場する女神たちを指す『MUSA』(英語ではミューズと呼ばれる)という言葉をタイトルに掲げた本作。ムーサとは文芸を司る女神たちのこと。このタイトルも踏まえると、今作はラップという“アート”に向き合い続けるLeonの誇りと覚悟が顕わになったアルバム、という解釈が出来るのかもしれない。そして、本作を聴いて筆者の推測に同感してくれるリスナーも多いのではないだろうか? 伊藤雄介(音楽ライター/プロデューサー)

  • Resurrection

    「Majinahanashi」「Jitsuryoku feat. Leon Fanourakis & ralph」でヒットを飛ばしMusic Videoは海外のコメント欄で埋め尽くされるほど国内外で話題となっているHideyoshi(ヒデヨシ)。 自身初となるアルバム「Resurrection」(レザレクション)が遂に完成。 アルバムには全14曲収録され、幅広い音楽性を持ち合わせるHideyoshiならではの作品となっている。客演にはAKLO、YZERR、Benjazzy、Jin Dogg、MION、Young Dalu、OSAMI、Big Mikeが参加。 ビートはUKからkazzaをはじめ、ZOT on the WAVE、dubbybunnyらが提供し、ジャケットアートワークはSora Aotaが手掛けている。 Tokyo Young Visionのフロントマンとしてのクルー活動、ソロ活動、そして数多くのアーティストの楽曲に客演参加をし、頭角を現してきたHideyoshiの渾身のアルバムとなる。2022年注目作品となるだろう。

  • MY REVOLUTION

    ゆうらん船 2nd Full Album「MY REVOLUTION」 1stアルバム「MY GENERATION」が各方面で大好評を得たゆうらん船、待望の2ndアルバムが発売!フォーキーでストレンジなグッドメロディを土台に、多彩なアレンジのバンドサウンドが光る中毒性の高いアルバム完成!

  • Drop

    グループ名表記を"AMEFURASSHI"に一新して送るセカンド・アルバム。既発シングル「BAD GIRL」「SENSITIVE」収録曲に加え、新たに収録される楽曲等を収録。シンセ・ポップ、シティー・ポップをモダンなクラブサウンドにアップデートした既存曲に加え、新曲ではディスコ・ファンク、新機軸となるR&B、さらには流行のハイパー・ポップまでを網羅した、アイドル・ソングの領域を拡張するアルバムとなっている。

  • Such an era

    2022年結成のTHOMAS MARQUARDT(トーマス・マルカート)が早くも1stアルバム「Such an eをリリース!THOMAS MARQUARDTは、ソロ名義に加え渡辺俊美&THE ZOOT16のメンバーとしても活動する高橋飛夢(タカハシトム)と上上Brothersのメンバーとしても活動するマコトU. S. Aによる2人組バンド。高橋飛夢は近年EVISBEATS作品やTOKYO No.1 SOUL SET楽曲への参加でも注目されており、今作はそんな高橋飛夢の作詞作曲した曲を中心に収録。かねてよりライブで好評な「東京駅」もTHOMAS MARQUARDTアレンジとして新たな装いで収められている他、ドラムのマコトU. S. Aが所属する上上Brothersの代表曲として話題を呼んでいる「未来と」も収録。

  • 心拍数とラヴレター、それと優しさ

    日本のみならず、台湾・アメリカをはじめ世界中から支持を集めるバンド Cody・Lee(李)が、満を持してメジャーリリースするフルアルバム。 ニューヨークを拠点とするコレクティブ[88rising]から「88rising radio ROOKIES CLASS OF 2022」として日本から唯一フックアップされ、ラスベガス出身のラッパー兼プロデューサー[1nonly]が彼らの楽曲「我愛イ尓)」をサンプリングした「COME THRU(ft. Shady Moon & Ciscaux)」が現地でスマッシュヒット。台湾では「第12回金音創作獎 "Golden Indie Music Awards"」に招聘される一方、日本では映画「サマーフィルムにのって(監督:松本壮史/主演:伊藤万理華)」の主題歌に抜擢された「異星人と熱帯夜」で新たな境地を切り開くなど、着実にステップアップした彼らによる「今のCody・Lee(李)」が存分に表現されている。

  • HER

    Foi

    C-POPやマンドポップに影響を受けたスタイルで注目を浴びる日中ハーフのシンガー・ソングライター、Foiの初フル・アルバム。VivaOlaやmaeshima soshi、TOOBOEら気鋭のプロデューサー/アーティストが多数参加している。

  • POPCORN (Deluxe)

    Only U、昨年リリースしたアルバム『POP CORN』のデラックス版『POPCORN Deluxe』をリリース!

  • 魂のハイウェイ

    Ayane Yamazakiのニューアルバム『魂のハイウェイ』が全世界配信リリース。 彼女は近年、時間の外へ出て、時代や時流に振り回されずに、自分の人生を生きることの大切さを、作品や活動を通して表現している。このアルバムはそれを最もストレートに出した作品。ドリーミーで幻想的なサウンドと東洋的でセンチメンタルなメロディーに、アンビエンスな声が折り重なる”もうひとつのポップス“は、大音量であふれかえる世の中に掴まらない”最も小さな周波数”で、確実に世界中のリスナーへ届いている。ジャケットは絵具とキャンパスでAyane Yamazakiが描いた初の絵画作品。

  • Split

    東京を拠点に活動するsoccer.と、茨城を拠点に活動する音速ばばあ。両バンドとも2021年結成、同年に自主制作の2曲入り音源をリリースするなど、図らずとも足並みの揃った活動をしながら関東のエモ/インディシーンを盛り上げてきた20代前半の期待の新人2バンドが、downtやくだらない1日を擁する東京のレーベルungulatesよりスプリット作品をリリースする。 欧米のMidwest Emoシーンからの影響を感じさせるトゥインクルリフを特徴としつつも、soccer.は英詞、音速ばばあは日本語詞とそれぞれのアウトプットで表現している。両バンドに共通するシンガロングパートはライブで激映えするので、彼らが近くで演奏する機会があれば必ずチェックして欲しい。 Cap’n JazzやMarietta, Forestsといった新旧エモバンドのファンはもちろん、くるりやASIAN KUNG-FU GENERATION, KOTORIといったJ-ROCKファンにも新しい発見を感じさせるだろう必聴の一枚だ。

  • The Work Space Sessions

    seasunsalt、ライブ音源『The Work Space Sessions』をデジタルリリース。 今作は、今年2022年2月に実施した配信ライブ「The Work Space Sessions」の1部を音源化した作品。

  • On This Planet

    カナダからやってきた2ピースロックバンド!待望の1st フルアルバムリリース!!初となる全国流通1st full albumは、前作に引き続きQUATTRO・岩本岳士がプロデュース、そして新たに後藤正文がマスタリングエンジニアとして参加。

  • 麒麟♡タイム / Satie

    今作のシングルでも、アルバム『 四天王 』 同様に大森靖子が音楽プロデュースを担当。作詞・作曲を手掛け、再び sugarbeansをアレンジャーに迎え制作されました。また作詞に関しては古正寺恵巳との共作となっており、両 A 面それぞれに個性がひかる仕上がりとなりました。

  • UlulU

    一聴して心を掴む伸びやかで切実な歌声と、キャッチーで陰影のあるメロディ。悲喜交々が横たわる生活をまっすぐに見据え、鮮やかな言葉としなやかなバンド・アンサンブルは鋭利で優しく、瑞々しく躍動する!情感豊かなオルタナティブ・ロックを高らかに鳴らすスリーピースバンド「UlulU」、堂々の1stアルバム。

  • Burnt Toast for Breakfast

    新人英詩シンガーitsumi、FIRST EP「Burnt Toast for Breakfast」をデジタルリリース。 今作はitsumiとKISSYとの共同作品となっている。プロデューサー/作曲家KISSY曰く、「今作は、R&B、Future BassからHM/HRまで、多彩なジャンルの全6曲を収録。先行配信されていた「Burnt Toast for Breakfast」「I need you, I don’t need you」等の楽曲も収録されている。itsumiならではの繊細なボーカルと、表現の幅広さを同時に味わえる、聴きごたえのあるEPとなっている。」とのこと。

  • In Yourtopia

    シューゲイズ~ドリームポップ、ポストロック、エモを横断する京都のフィメールアーチスト「appi」のデビューアルバム

  • Identification

    誰しもが持つ二面性・双極性の容認。逃避することの許容。人生の選択を迫られる"岐路"に立つ世代ならではの葛藤や自問を、20歳のざきのすけ。ならではの目線で表現。4曲すべてが、ざきのすけ。の今の素顔。

  • rising

    その音楽で同世代の声を代弁するmxmoonが、アルバム『rising』をリリース!不安、苦悩、喪失感ととことん向き合い完成した本作。レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画がモチーフのユーモアたっぷりのシングル「mona lisa」、オーガニックなサウンドから一転しエレクトロニックなサウンドで新たな魅力が詰まった「sad disco」、成長することへの不安、過去をしみじみ思い出す気持ち、不意に感じるノスタルジックな感情を素直に表現した「victim of nostalgia」など個性豊かな12曲が収録。前進することを選択した彼女が生み出す一枚をご堪能ください!

Updated weekly 
  • 君はいなせなガール

    ネクライトーキー、ギターの朝日がボカロP・石風呂として発表した楽曲をバンドでリアレンジしたセルフカバーミニアルバム『MEMORIES2』収録のリード曲「君はいなせなガール」 今作のレコーディングに際してゲストボーカルに日本松ひとみ(ex.東京カランコロン Key&Vo せんせい)が参加した、歌の主人公2人の歌の掛け合いが痛快な1曲に仕上がっている。

  • エロイーズ

    ドレスコーズ、betcover!!をゲストに招いたツーマン・イベントで初披露の新曲「エロイーズ」を配信リリース

  • プレ・ロマンス

    DÉ DÉ MOUSE、SASUKEとのコラボシングル「プレ・ロマンス」をリリース! "極上のポップス/シティポップを作る"というコンセプトのもと、TANUKI(UK)、一十三十一、ぷにぷに電機、YonYonらとコラボ作を送り出してきたDÉ DÉ MOUSE。今作では兼ねてより友人として親交が深いSASUKEとのコラボレーションが実現。 小気味の良いベースラインとストリングスが夕暮れ時の海を思わせるトロビカルなディスコビートと、 SASUKEのスウィートで大人びたウィスパーボイスが織りなす、”まだ”淡いロマンスの物語。 DÉ DÉ MOUSEとSASUKEが肩を並べるジャケットはイラストレーター・Utomaruが手掛ける。

  • OH HEY

    初の全国ツアーは開催前から全公演SOLD OUTと今まさに大注目のアーティスト羊文学が、台湾の稀代のアーティスト”LÜCY”とコラボレーションによって制作した楽曲「OH HEY」を配信スタート! かねてより羊文学の音楽が好きだったLÜCYよりアプローチを受け、羊文学の3人もまた、LÜCYの音楽性に共感したことで実現した本コラボレーション。台湾と日本という遠隔の地ながらも、リモートセッションを通し楽曲制作を行った。楽曲のバンドアレンジは羊文学が担当。作詞はLÜCYとVo.の塩塚モエカが共作で手掛け、お互いの言語が共存する面白いスタイルの歌詞に仕上がっている。

  • MERA MERA

    ユニバーサル ミュージック内の邦楽レーベルEMI Recordsよりメジャーデビュー作をリリースするホロライブEnglish所属のMori Calliope、1st EP『SHINIGAMI NOTE』より「MERA MERA」

  • nothing outside (EVERYTHING INSIDE Instrumental)

    KM

    EVERYTHING INSIDE」の2LPの発売にあわせて、アルバムのインストゥルメンタル「nothing outside (EVERYTHING INSIDE Instrumental)」が配信開始。 オリジナル・アルバムに収録された全14曲のインストゥルメンタルに加え、EVERYTHING INSIDE LIVEのイントロ用に作られた”EVERYTHING INSIDE (Live Intro)”と”Stay II”のインストゥルメンタルも収録。”MYPPL”、”Filter”、”The Way”、”Every Time”はオリジナルボーカルをKMがDub Wiseしたヴァージョンで収録している。

  • O・La

    chelmico、アルバム『gokigen』よりRIP SLYMEのDJ FUMIYAがプロデュースを手がけた新曲「O・La(オーラ)」を先行配信

  • TSUBASA

    Awich、沖縄の本土復帰50周年を迎える2022年5月15日、沖縄をテーマにした新曲「TSUBASA feat. Yomi Jah」 をリリース

  • REFLECTION

    tofubeats、4年越しで制作した通算5枚目のフルアルバム「REFLECTION」。これまでの活動を経て自身の歌唱作品は勿論、ダンスミュージックからボサノヴァまでが共存しながらも、中村佳穂、Neibiss、Kotetsu Shoichiro、UG Noodleといった多彩なアーティスト達が参加したHIHATT LABELの審美眼が素晴らしいアルバムが完成した。

View More 
  • ロスレスとは~音の違いを聴き比べよう~

    コラム
  • リアルとバーチャルが音楽を通して交わり合った夜──〈打奏驚蛇〉ライヴレポート

    ライヴレポート
  • 新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

    インタヴュー
  • 【行かなきゃ ASP Episode15】「諦めずにやっていたのがよかったのかなと思います」──リオンタウンの固い意志

    連載
  • 【BiSH連載】Episode94 ハシヤスメ・アツコ「最後の日までずっと変わらず届けていきたい」

    連載
  • SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

    インタヴュー
  • 先週のオトトイ(2022年05月23日)

    連載
  • 【第三期BiS 連載vol.28】本気でやらないと、なにも間に合わない──チャントモンキーが成し遂げたいこと

    インタヴュー
  • REVIEWS : 044 ジャズ(2021年04月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

    連載
  • ゼロに戻っても 何度も何度も闇に火を灯す──fhánaが記録する、激動の時代のドキュメント

    インタヴュー
  • Visa LINE PayプリペイドカードでOTOTOYで音源・物販が買えた!

    コラム
  • Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

    ライヴレポート
  • 歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

    インタヴュー
  • 【行かなきゃ ASP Episode14】チッチチチーチーチーがASPでやりたいこと

    連載
View More 
  • 『BiS BOOK -What is BiS?-』通常版

    2010年の結成以来、様々な話題を振り撒き続けているWACK所属のグループ、BiS。その歴史を完全網羅した書籍『BiS BOOK -What is BiS?-』通常版の販売がスタート。OTOTOY、SW限定特典として、特製のしおりがついてきます。

    ¥ 2,930

  • OTOTOY T-shirt(ブラック/ポケット無し)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,500

  • OTOTOY PREMIUM

    「OTOTOY PREMIUM」に加入し『PREMIUM会員』になると4つのサービスが受けられます。 ①ポイント還元率アップ、②「ハイレゾプレイバック」が使用可能に、③誕生月にはもれなくプレゼントが、④抽選で特製レア・グッズも。そして『PREMIUM会員』から『SUPER PREMIUM会員』へとランクアップするとさらなるサービスが!

    ¥ 1,000

  • OTOTOY T-shirt(ホワイト/ポケット有り)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,600

  • AVIOT TE-D01g-BK(ブラック)

    日本発のオーディオブランド、AVIOTからクラスを遥かに凌駕する高音質とハイスペックを両立し、手のひらに収まる小型化を実現した完全分離型のワイヤレス・イヤフォン「TE-D01g」

    ¥ 7,980

  • OTOTOY Sticker ハガキサイズ

    OTOTOYロゴをハガキサイズに詰め込んだステッカーです!ロゴのまわりがハーフカットされているので、ひとつずつめくって貼ることができます。屋外で1年程度の耐候性があります(使用環境によって変動します)。

    ¥ 350

Best Sellings

View More 

Top Artists

View More 
  • ENDWALKER: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack

    『FFXIV: 暁月のフィナーレ』のサントラが登場! 希望の輝きを託されし光の戦士たちよ、迫りくる世界の終末に立ち向かえ。 暁月の旋律が物語の終焉(フィナーレ)へと誘う――― 『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』のサントラが登場!主題歌「Endwalker」を含む、『暁月のフィナーレ』のゲーム内楽曲62曲に加え、EXTRA TRACKには、「Endwalker」をチップチューンアレンジした「Endwalker (Chiptune Version)」を新たに制作し収録。

  • FINAL FANTASY IV PIXEL REMASTER Original Soundtrack

    『ファイナルファンタジー』から『ファイナルファンタジーVI』までの6作品を2Dリマスターした作品「ファイナルファンタジー ピクセルリマスター」より『FINAL FANTASY Ⅳ PIXEL REMASTER Original Soundtrack』

  • Caelum(「天ノ少女」オリジナルサウンドトラック)

    カラノショウジョシリーズ3部作の完結篇である「天ノ少女」のオリジナルサウンドトラック。 その音色は只々自由を求めるものを天へと誘う調べ。JAZZをベースに重厚かつ繊細に作り上げた珠玉の旋律。 主題歌・エンディングテーマを歌うのはInnocent Greyではお馴染みの霜月はるか。 そして、同ブランドのFLOWERSシリーズの鈴湯、JAZZシンガーのaya Suekiがそれぞれの世界観を存分に発揮した挿入歌。 すべてがシリーズの最後を締めくくるに相応しい楽曲に仕上がっております。 Composed and Arranged:MANYO(LittleWing) ドラム:矢吹正則、ベース:石井康幸、ギター:渡邉"nabeken"賢一、ギター:福田真一朗、ピアノ:あいあい / MANYO サックス:萱生昌樹、バイオリン:土屋玲子、ストリングス:土屋玲子ストリングス、レコーディング/ミックス:坂知学

  • our hope

    2021年8月リリースのアニメ映画『岬のマヨイガ』主題歌「マヨイガ」や、初の地上波アニメタイアップ曲となる、TVアニメ『平家物語』オープニングテーマ「光るとき」他を収録した、羊文学のメジャー2nd Album。

TOP